水鈴舎 TOP > 安置方法

安置方法

最愛の仔を喪い、冷静なご判断が難しいと思われます。しかし、時間の経過と共にご遺体には変化が現れてきます。まずは、お気持ちを整えて頂き、適切な処置をなさって下さい。
※以下は、亡くなった仔が穏やかに眠れる環境を作り、お別れまでのお時間をご家族一緒にお過ごし頂けるようなご提案です。

安置方法
  • 安置場所は、できるだけ涼しい場所を選んであげて下さい。
  • お身体は、ブラッシングや清拭等で整え、愛用のベッドやバスタオルの上に寝かせ、手足(四肢)を自然な状態に曲げてあげて下さい。
  • 保冷は、お手持ちの保冷剤(ビニール袋に氷を入れたものでも可)をタオルで包むなどして腹部(上下)・頭部(下)に当ててあげて下さい。

    ※時間の経過と共に、開口部から体液が滲出する場合もある為、できれば鼻腔にはティッシュや脱脂綿等を少量詰め、ペットシーツ等の防水性シートを敷いて頂く形をお勧めします。
  • ご飯(普段の主食)・おやつ・お水をお供えしてあげて下さい。お花(仏花でなければならない事はありません)
    おもちゃ・お写真などもご自由においてください。『この仔はこれが好きだった』『家ではこうだから』といった、ご家庭毎のスタイルでご用意下さい。
  • お線香・お香(インセンス)などもご自由にお手向け下さい。

    ※お線香・お香は、人間の宗教的作法なので、とくに焚かなくても問題ありません。